真夏の方程式

『真夏の方程式』を観てきました。

e0211011_23334759.jpg


東野圭吾原作、TVドラマでも大人気だった『ガリレオ』二作目の劇場版。

私もクールな湯川学が大好きです。福山雅治が演じる湯川学が大好き。

さて、原作は読まずに映像を待ちました。原作はこれから読もうと思いますが・・・。

海底資源の開発にあたり説明会出席のために訪れる玻璃ヶ浦での話。

同じ旅館に泊まった元刑事が死んでしまう事件に遭遇し巻き込まれていくのですが、

そんな旅館で出会う小学校4年生の男の子とのシーンはとても良かったです。

勉強嫌いで好奇心旺盛な少年に子供嫌いの湯川が一緒に実験する様子は

とても微笑ましかった。。

さて、元刑事の死を巡り湯川の謎解きも途中からそれぞれ関係者の

『ヒミツ』があらわになっていく・・・あたりから私は涙がいっぱいでした。

内容はネタバレのため控えますが・・・。いつもいつも思いますが東野圭吾の

描く推理はものすごく深い『愛』が胸を打ち考え深くなります。

この作品もそうですが・・・そんな展開の中まで・・・と思えました。

前作の『Xの献身』で私は嗚咽を漏らすほど堤真一に泣きましたが

今回は・・・・前田吟に泣きました。。最終的には良い話?では無いと

私の中での感想ですが・・・。

何通りも描かれた複雑な愛の形に涙無くては観れないと思いました。
[PR]
by o_chaki | 2013-07-03 23:51 | 映画のこと


<< アフター・アース 俺はまだ本気出してないだけ >>